Taking too long? Close loading screen.
LPPOM MUI

Clarification on LPPOM MUI Representative Office in Japan

Rumors circulated that The Assessment Institute of Foods, Drugs, and Cosmetics of the Indonesian Council of Ulama (LPPOM MUI) opened a representative office in Japan in an article entitled Indonesia’s Halal Certification Body Opens Office in Japan released by Halalfocus.net pada link https://halalfocus.net/indonesias-halal-certification-body-opens-office-in-japan/ and a similar article by Nikkei.com at the following link https://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXZQOUC107680Q2A310C2000000

The article mentions that the new office of the Indonesian Council of Ulama (MUI) is located at the office of the Japan Indonesia Trading Association (JITA), a Tokyo-based non-profit organization that promotes trade between the two countries. It also mentioned that in handling applications for halal certification, a team of 10 auditors will examine the materials used in products and manufacturing equipment to determine compliance.

In response to this, the President Director of LPPOM MUI, Ir. Muti Arintawati, M.Si said that JITA is not a representative office of LPPOM MUI, but a partner of LPPOM MUI to help Japanese companies who want to get the halal certificate from Indonesia.

“JITA is not the first and only body in Japan who becomes a partner of LPPOM MUI,” said Muti.

The information circulating regarding the MUI halal certification of companies in Japan must go through JITA, LPPOM MUI will place auditors in Japan, and the President Director of LPPOM MUI sitting as JITA administrator is also not true.

LPPOM MUI is the first and most trusted Halal Certification Body in Indonesia which exists as a credible halal certification body, both at the national and international levels. In addition, LPPOM MUI has obtained the SNI ISO / IEC 17025:2017 Accreditation Certificate for Halal Laboratories in 2016 and SNI ISO / IEC 17065: 2012 for Halal Certification Bodies in 2018.

Through KAN, LPPOM MUI has also been recognized by foreign halal certification bodies, the Emirates Authority for Standardization and Metrology (ESMA) on the UAE standard 2055:2-2016. With this accreditation, LPPOM MUI as the first and most trusted Halal Inspection Body (LPH) in Indonesia has proven its credibility both at the national and international levels and has also supported Indonesian businesses to expand the market to the United Arab Emirates (UAE). (YN)

日本のLPPOM MUI駐在員事務所についての説明

インドネシアウラマー評議会の食品医薬品化粧品研究所(以下LPPOM MUIという)が、Halalfocus.netリンクのhttps://halalfocus.net/indonesias-halal-certification-body-opens-office-in-japan/ 及びNikkei.comによる同様の記事リンクのhttps://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXZQOUC107680Q2A310C2000000により公開された「インドネシアのハラール認証機関が日本に事務所を開設する」というタイトルの記事で日本に駐在員事務所を開設したという噂が広まった。

記事によると、インドネシアウラマー評議会(以下MUIという)の新しい事務所は、東京に本拠を置き、両国間の貿易を促進する非営利団体である日本インドネシア貿易協会(JITA)の事務所にある。また、ハラール認証の申請を処理する際に、10人の監査チームが製品や製造装置に使用されている材料を調べてコンプライアンスを判断することにも言及した。

これに対して、LPPOM MUIの社長であるIr. Muti Arintawati、M.Siは、「JITAはLPPOM MUIの駐在員事務所ではなく、インドネシアからハラール認定証を取得したい日本企業を支援するLPPOM MUIのパートナーである」と述べた。

「JITAは、LPPOM MUIのパートナーとなった日本で最初で唯一の機関ではありません」とMuti氏は強調している。

日本企業のMUIハラール認証に関する情報はJITAを経由する必要があり、LPPOM MUIは日本に監査人を配置し、LPPOM MUIの社長がJITA管理者を務めるのも事実ではない。

LPPOM MUIは、インドネシアで最初で最も信頼されているハラール認証機関であり、国内および国際レベルの両方で信頼できるハラール認証機関としての存在を示している。さらに、LPPOM MUIは、2016年にハラール認定証のSNI ISO / IEC 17025:2017認定証明書を取得し、2018年にハラール認証機関のSNI ISO / IEC 17065:2012を取得している。

KANを通じて、LPPOM MUIは、アラブ首長国連邦(UAE)の標準2055:2-2016で、外国のハラール認証機関であるエミレーツ標準化計量局(ESMA)によっても認められている。この認定により、インドネシアで最初で最も信頼されているハラール検査機関(LPH)としてのLPPOM MUIは、国内および国際レベルでの信頼性を証明し、インドネシア企業がアラブ首長国連邦(UAE)に市場を拡大するのを支援した。 (YN)

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Archives